独学

2008年11月 3日 (月)

再出発の統計学

学会発表などで臨床データをプレゼンする時には
ただデータを羅列しただけでは、

「頑張ったんだね、それで何?」

と思われてしまう。

データが有意なのか、そうではないのかを統計的に示すのは常識である。

しかし、いざ自分でやろうとすると、

何を使えばいいのやら・・・とくに最近の統計ソフト(SPSSなど)は

いろいろ出来るだけに逆に理解不能となっている。

私自身、独学で色々統計学の本を読んだが

最も易しい本はこれ!

まずは基礎だけ 臨床統計
まずは基礎だけ 臨床統計 矢船 明史

おすすめ平均
stars数学に不安がなくても一読の価値あり!
stars統計解析の入門の入門
stars臨床統計の基本概念把握に最適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)