グルメ

2008年8月30日 (土)

留萌寿司 四季の舌鼓 おしどり

食べログ.com - 留萌寿司 四季の舌鼓 おしどり

留萌の海の幸で溺れ死ぬ

留萌に来たら、ここなら間違いない「おしどり」

Dsc08023

留萌に来て、「間違いなし!」と太鼓判を押せる店である。

寿司屋といっても、フランス料理を食べているような気分になる。

私が行ったときにも、遠路はるばる東京からHarleyのバイクに乗って来た方がいた。

お店に着いたら、「おまかせ」と言うと、以下のような絶品が目の前に現れる。

コースは4000円からです。

Dsc08025_2

バフンウニとヒラメだしのジュレ
~甘いジュレと芳醇なバフンウニが口のなかで、仲良く溶けていきます。

Dsc08024

ほたて(紐付き)、寝サバ、甘エビ
~ほたての紐がおいしーい!。エビもめちゃくちゃ甘い。

**かすべの皮付き: 写真は、皮付きかすべと聞いて嬉しくなり、
   写真を撮る前に、かじりついていましたcoldsweats01

Dsc08027

オロシマンジュウ
~仲間まで味がしみていて、オロシの少しピリっとする感触がさらに食欲を増進する。

Dsc08026

海鮮かき揚げ
~コリコリとした歯触りのタコ。

Dsc08028

Dsc08029

バフンウニ、カジカの卵のにぎり寿司
~カジカの卵・・・お初です。これが、美味しい。

Dsc08031

焼きホッキ貝
~ホッキから出る汁を余すことなく、貝に染みこませた逸品。
 こんな美味しいホッキ初めて食べた!!!
 限定品? 少し遅れてきたおじさんが食べ損ねて、悔しがっていた。

Dsc08032

小平アイボリーメロン シャーベット
~甘~い、シャーベット。お店でメロンから作っているとのこと。

Dsc08034

えびせん 手作り
~おみやげに、美人の女将さんが丹誠込めて作ったえびせん。
 普通のえびせんではありません。
 エビの旨味の一番濃いところだけを使って作っているそうです。
 香りが半端なく良いです。

すっかり、留萌の海の幸で溺れてしまいました。wave

7~8月はウニ、9月はイクラ、10月はアワビ

関連 : 留萌タウン
      留萌の寿司屋おしどりの公式ホームページ

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

へぎそば 匠 四谷店

2年前に国内留学していたときは
いつも手術が終わるのは夜10時を過ぎていた。

腹はペコペコを通り越し

尿は濃縮され

脱水状態で、いつも向かうのは

へぎそば 匠 四谷店

Sdsc07995

地下1階にあり、

au以外の携帯は通じないのが難点だが、
(私はdocomo)

わさび海苔に始まり、

栃尾のジャンボ油揚げ
 ねぎ、納豆全部入り
を食べて

最後に、へぎそばを食べて
宿舎まで歩いて帰る。

また明日への活力が沸いた。

営 業 時 間
 月~金 17:30~04:00(L.O.03:30)
  土   17:30~02:00(LO.01:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)