« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月24日 (金)

JAL国内ファーストクラスに初めて乗りました。

今月いっぱいはJALのトリプルマイルキャンペーンで

マイルが3倍になるので

かねてから夢だった、ファーストクラスに乗ってみました。(◎´∀`)ノ

Dsc00053

ということで、初ファーストクラス。

優先搭乗で、先に乗り込むと

席は10席。

専属の客室乗務員は3人。

Dsc00054

早速、高級そうなスリッパに履き替え・・・
(病院帰りで、即出張なので、白靴下・・・恥ずかしいι(´Д`υ)

ファーストクラスなので、ヘッドフォンは

BOSE QuietComfort3

かと期待していたが、

Dsc00059

一応、ノイズキャンセリング?なのか?

・・・う~ん、ノイズキャンセルいまいち。

さて・・と、上着を脱ごうとすると

スチュワーデスさん(古いか。)が

袖を抜くのを手伝ってくれる。

しかも、奥に皺にならないように掛けて預かってくれた。

次に、おしぼり!

オヤジには嬉しい限り。

おもいっきり、顔を拭いた。(´~`)。ふ~

次は、新聞。もちろん、何紙でも持ってきてくれる。

そして離陸。

柔らかいソファーに特製テンピュールの枕で

いつもの離陸のGは感じない。

Dsc00060

まもなく、ディナー。

待ってました!おネェサン!(テンション上がりまくりup

早速、写真を撮りまくり。(初乗りがバレバレ)

Dsc00062

ジャーン!

マジで旨そうなんですけど。

実際、旨かったけど、

「いつも食べてますよぉ」みたいな顔で、

お勧めの白ワインをもらった。

飛行時間が短い・・ので、デザートへ。

Dsc00063

スイーツも、「お上品」ですこと。ホント。

雲海の上で飲む極上のコーヒー

最高です!!

あっという間のフライトでした。

ツケは、今夜の安宿(新橋)へ・・・。

Dsc00065

(新橋駅前では、お祭りをやっていた)

ファーストクラスよかったぁ。

また機会があったら乗ってみたいです。

メモ

 札幌-東京間で価格は

 通常料金+8000円

 区間マイルは+50%なので、今回は+150%

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

ノートパソコン全力仕事術

今日も早朝から自宅で仕事開始。

明後日からの神経モニタリング学会のスライドを

ノートパソコンで作っていました。

・・・さぁ文献を調べて・・・

・・・あれ、これはどいういみだっけ?

さっそく、巨人の肩の上に立ってみよう。
(ニュートンの言葉でGoogleの理念にもなっている)

・・・色々とググるっていると、ついついネットサーフィンを開始して

気が散ってしまう。

こんな自分に処方箋。

メモ用紙にやることを箇条書きに書き出して

ノートパソコンに向かうと良い。

さぁ、誘惑に負けないぞぉ

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

夜明け前

夜明け前というのは一日の間で最も暗い時間である。

とかく、毎日が辛いと挫けそうになるが、

成功前が一番つらいと信じて頑張りたい。

コップに入った水も、あふれる寸前に

1滴しずくが入っただけで、すーっと流れる。

成功前に諦めてしまう、弱い自分へ言い聞かせる。


The darkest hour is always just before the dawn.

夜明け前が最も暗いのだと。

( つらいことの後には必ずいいことがあるものだ。 )

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

成功前夜 21の起業ストーリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

万事を全て平衡に保つ

万事は流転している。

止まることなく、いつも。

生き物は生まれ、成長し、死を迎える。

時間を止めることは出来ない。

質量保存の法則ではないが、

万事は全て平衡に保つのが大事であると考えている。

たとえば、

情報が入ってきたら、出力する
(入ってきた情報を、ブログや日記に出力)

手術をしたら、手術記録、術後プレゼン。

本を読んだら、感想を書く。

とにかく便秘状態になると、人間のバランスが悪くなる

食事をしたら、歯磨き。

そして食後はトイレで排泄。

親切にしてくれたら、お礼をする。

頭を使ったら、体を使う。

貴重な症例を体験したら、論文を書く。

等々・・・

じゃあ、

今の自分はというと、、

正直、下剤が必要な状態である。

いやはや、恥ずかしい・・・限り。

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

仕事のプロになれ

「本当のプロとは、エラーをしない人のこと」

「仕事がどれだけ出来るかは使えるフォーマットをどれだけ持っているか」

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート より

確かに手術や日常診療にあっては、エラーを起こさない先輩後輩の評価は高い。

恐らく自分に向けられている目も同じであろう。

医者になって2年目の時に

「手術ってなんだ」

と先輩に聞かれ

「手術は手続きです」と答えた。

全ての行為に意味があり、それが分からないといけないと

常々考えていた。

エラーを出すと言うことは、

「自分の行為の意味が分かっていない」

からではないかと思う。

まさに、神は細部に宿るである。

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

後輩と手術後にスープカレーへ

1d48c8332014c397336a2298af9d935a01

長い手術が終わった。

一緒に頑張ってくれた後輩H,Mを労い、メディスンマン(スープカレー)へ
疲れが見えていた表情が一転、笑顔に変わった。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

サンダウン・ルール

サンダウンルールとは、スーパーマーケットのウォルマートにある制度。

日が沈む前に今日やることは、終わらせなさいということ。

とても生理的で、メリハリがあって良いルールだ。

だらだらとやっていたら、体の休まる時間もない。

自分でも実践してみようと思った。

というわけで、

何とか、今日は日が沈む前に仕事が終わった。( ̄ー+ ̄)

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

スピード仕事術 一流になるために

仕事をする上で大切なことは

「スピード」であると常々思っている。

もちろん治療をする上で手遅れにならないためには、

迅速な対応が求められるのは当たり前。

患者さんを可能な限り待たせないようにするのも

チーム全体の処理能力、

一人一人が「スピード感」を持ってい仕事をしているか

ということである。

「一流である」ということ

「スピード感」を持って仕事を処理できるか

ということではないかと思う。

自分が体験した例として、

家電製品の修理対応について実例を挙げる。

Toshiba RD-XD91 (DVD/HDD レコーダー)
 購入して1年で録画出来なくなり、
 ハードディスクが壊れた。
 電話をすると、翌日、自宅に来訪。
 その場でハードディスクを交換して修理。
 結局、電話をしてから1日で治ってしまった。

 今まで、
 修理センターに平日時間を作って持って行って
 修理まで1週間以上かかって
 挙げ句の果てに無料で修理できないと言われ
 購入価格の半分程度を取られ・・・
 というのが当たり前かと思っていたが
 この「スピード修理」

 最高のカスタマーサービスである。(^o^)/

Let's Note CF-R6 (ノートパソコン)

 ある時PCが立ち上がらなくなった。
 http://bbs.kakaku.com/bbs/00200415462/#7233552

 原因はWindowsのupdateであったが
 修理に10日間ほどかかった。
 結局、原因不明な物を全力で調べて貰い
 しかも状況が逐一メールで連絡されていた。
 少し時間がかかったが、
 売りっぱなしで
 「知りません」
 で押し通すメーカーも多い中、
 「さすが、松下!」と思った。

 また、Aボタンが押したきり
 戻って来ない事態にも陥ったが
 発送から返却までが4日間であった。
 ペリカン便で直接取りに来て(札幌)
 工場(神戸)で修理して、戻ってくるまで
 たったの4日である。

 正直、Let's noteは少々高いが
 ノートパソコンが使えなくなった時の
 損害は大きい。
 このスピードは「一流」であるといえる。

新しい物の方が価値が高い

 新しい物ばかりに飛びつくのはどうかと思うが、
 新しい情報の方が古い情報より価値が高いのは
 事実である。
 新聞は新しい情報であるから読む価値があり
 1日経った情報にはもう何も価値がない。

 ブルーレイの時代
 「VHSとベータの比較」なんて
 ナンセンス。
 情報は生まれた瞬間に古くなり
 価値は下がるので、
 新しい内に生み出すのが大切。
 「スピード」が問われる。

仕事が出来るか否かの評価
 1.スピード
  2.仕事内容
 であると思う。
 同じ仕事をしても
 早ければ早いほうがよい。
 「こいつ出来る」と思わせたければ
 「法外なスピード」で仕事を仕上げてみては
 いかがだろうか。
 3分の1で仕上げれば、
 「こいつ3倍の仕事が出来るんじゃないか」
 と上司をびっくりさせては如何だろう。


メールをみたら「すぐに返事を返す」
 こんな事なら直ぐに出来ることである。
 大体、同じめーるを2回見たら倍の時間がかかる。
 見た瞬間に即返信。
 1時間悩んでも、
 感動させるメールなんて
 書く才能はない。諦めよう。

スピード感を持って仕事をこなす
 -スピード仕事術-
 全ては後輩Yに学んだ仕事術である。
 Yはとにかく仕事が早い。
 殆ど考えていないようである。
 「お前、頭使って仕事しているのか?」
 「使っていますよ」
 と社交辞令で言っていたが、
 「すこし」しか頭は使っていなかったようである。
 確かに毎日の単調な仕事に全力で頭を使うより
 もっと大切なことに頭を使ったり、
 「時間」を使った方がいい。
 10秒考えて分からないことは
 たぶん1時間考えても分からない。
 そうしたら悩んでいる間に
 もっと沢山の事が出来る。
 分からなければ
 「知っている人に聞けばいい」
 とにかく、自分の頭を使うのは
 貴重な事に時間を割くべきであり
 価値の低いところに時間を割くべきではない。

人生は短い。

早く仕事を終わらせて、

家族と一緒の時間を少しでも増やしたい。


Image_058_2

サロマ湖畔で2009年7月10日

::::::::::::::::::::

お役に立ったらポチッ

Blogranking_green

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »