« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

死ぬまで勉強 西健一郎

久々にジムでトレーニングをした。

仕事が終わるのが遅く(それでも頑張って、)

夜10時に着いて、1時間汗を流した。
(クロストレーナー 300キロカロリー)

NHKプロフェッショナルのテレビを見ながら、

クロストレーナーをやっていたのだが、

「死ぬまで、勉強。 」

という文字が目に入った。

71歳の老体にむち打って、フラフラになりながら

おせち料理に打ち込む、西健一郎さんである。

まさに命を削りながら料理をしている。
 

プロはここまでせな、アカンとつくづく思った。

今のことに打ち込む、それだけです。

一生勉強。死ぬまで、勉強です。

・・・・

そうは言いながら、さすがに71歳だけに

西健一郎さんの健康がとても気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

続: amazon レビュー やっぱり消されました。

以下、予想通り ★3つのレビューが消されました。

一生懸命調べて、書かれたレビューです。

ほんと、ひどいです。

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 3.0 実践してみると効果があります!, 2009/2/13
By    @@@

本書に対するアマゾンのカスタマーレビューはどれも高得点で、タイトルでも絶賛するものが多い。このカスタマーレビューを参考に私は本書を手に入れた。
「情報を鵜呑みにしないように」と本書は説くので、さっそく実践してみよう。58レビュー中★5つが45、★4つが12と高得点である。他は★1 つが1つあるだけ。有用性の高い順にレビューを見ると、5人は比較的新しいレビュアーで2008年10月以降のレビューしかない。しかも2-5冊をレビューしたのみ。うち2人は細野氏の本しかレビューしてない。次に、レビューの古い順に見てみると、5人のうち2人は古くからのレビュアーだが、3人は本書のレビューしかしていない。この3人は参考になるを合計で180も獲得している。つまり、本書は、数学的思考力があまりない人が絶賛している売れ本であることがわかる。また、応援団がたくさんいることもわかる。以上が、本書の教えを実践して理解できたことです。すばらしい本です。目立たないように★3つにします。思考力のある大人が真剣に読む本ではありませんが、まずは店頭で手にとってみて下さい。


@@@さんのコメント:
この本はベストレビューアーの評価の高いレビューを中心にごっそり削除されていますよね。誰がなぜ評価の高いものを削除する必要があるのでしょう?なぞです。

@@@さんのコメント:
当方のレビューもいつのまにか消されている・・・。画面上では残っているように思っていたらタグしかない・・・。この本の評価は5でしたが。
悪質性の高いレビューはアマゾンがパトロールで削除するのはわかる。が、どうして高評価が削除される?本当に至高の豚さんとかも消えてる。同日にこの本に書いたから覚えてる。ベストレビュアーは消されるような内容は書かないのではないか?なぜ消える?2つとも内容に問題はなかったはず。いやがらせか?ひどくないか?誰だ?

@@@さんのコメント:
高評価ということで、amazonから購入し、読みましたが、あくまで「私としては」 ★1つという評価で、評価させていただきました。
2~3日、掲載された後、レビューは消されました。 少なくとも私の確認した限りでは、1人中、一人の方が、「このレビューが参考になった」と投票していただいていたのに。。。
(掲載期間が短かったので、何ともいえませんが・・・)
私以外にも、レビューを消された方が、いるようですね。
参考になったかどうかが問題で、評価はその人の価値観によるものが多いと思います。あまりひどい無いようなら、「このレビューが参考になった」と投票する人も少ないと思います。
しっかり、ログを残しておきます。これだけ書いてあるレビューをアマゾンは消すのでしょうか・・。

ばっさり消されていました。

これは意図的としか思えません。

1200円出して、私はAmazonから購入しました。

購入したからこそ、私見を述べているのに、消されてしまうのです。

カスタマーを大切にしない企業は、いかがなものでしょうか。

売る手側は、非難にさらされながらも、

「良い作品を作る」努力をするべきです。

「Amazonのレビューは当てにならない」

とカスタマーに思われるのも時間の問題でしょう。

一部のレビューは細工されている可能性が高いと思われます。

そう思われないようにAmazonも頑張って貰いたいともいます

(そう言いながらも、性懲りもなく、昨日もAmazonで2冊購入しました(^-^; )

最後に

 タグ という読者がつけたカテゴリーがあります。

 都合の悪いレビューが消える商品
 カスタマーレビュー削除しまくりってひどくないですか

参考にしてください。(全てのレビューが、細工されている訳ではありません)

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

“惜しい負け”はギャンブル欲を高める

“惜しい負け”はギャンブル欲を高める

ギャンブルでの惜しい負け(near-win)は、負けても勝ちに関連する脳内の回路の大部分が刺激され、ギャンブルに対する意欲の高まることが、英国の研究者らによって示された。
CareNet.com

医者になるまで全くギャンブルというものを遣らなかった私だが、

某T市に出張になったときに、パチンコ以外に娯楽が無く、

看護師さんも含め、「コミュニケーション」の一つのツールとして

パチンコが大切な位置を占めていたこともあり、

1年だけ、パチンコを遣った時期があった。

待つことが出来ない性格から、パチンコよりパチスロを遣ることが多かったが、

確かに、「時々勝つのが、心地よかった」

しかも、勝っているときは嬉しくないのだが、

勝ちそうなとき(正確に言うとリーチのとき)

がたまらなくワクワクした感があった。

その時の先輩で私の尊敬する I 医師は

「医療ではギャンブルは出来ない。

しかし、実際には、賭けの時が必ずある。

バーチャルな世界で、ギャンブルをして

引き時の勘を養うんだ」と仰っていた。

何事も勉強だとつくづく思う。

Neuronの原文ははこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

Amazon レビューは当てにならない。(消される)

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

650万部も売れた本。
Amazonのレビューも大絶賛。
星4つ以上しかない!

ということで、Amazonで購入してみた。

しかし、読んでみて残念!

本を購入するとき、手にとって書店で見る暇がないので

Amazonのレビューを参考にして買うことが多かった
もう過去形にします>怒

が、この本を読んで???だらけ。

本当に数学を知っているのだろうか?

p12 に数学の偏差値が100を超えたと書いてありますが、

おいおい、ほんとうか?」という感じ。

普通、模試で偏差値100を超えるのは・・・まともな模試じゃあり得ません。
(少なくともYゼミ、S台、K合塾)

数学的思考・・・というタイトルじゃなければ良いと思うが

途中読んでいてさらに???

殆どが、著者の経験に基づくもので、根拠がよくわからない。

「エビデンスレベルで言えば Ⅳ以下だ!」

とAmazonで星一つでレビューしたら、2-3日で削除された。

Amazonで購入して書いている書評なのに・・・

(現在、星3つで綱渡りさんが、書いている書評もいつしか消されるだろう)

~2月24日午後7時 予想が的中しました。

Amazonにメールしてみたところ

お客様にお送りいただいた『細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!』へのカスタマーレビューは、本の内容と無関係な部分があるため、掲載を控えさせていただきました。

という返事が来た。

無関係な内容は書いていないが、何を根拠に・・・

色々見てみると、何だか細野真宏氏の本は、どの本も評価が高い。

本当か?

細野真宏でググルと
 ITAKURASTYLE「おいおい間違ってるよ(細野真宏さん)」
 細野真宏の世界一わかりやすい株の本はキケン(らしい)

など、決して肯定的ではない意見もあるのに
Amazonのレビューは非常に偏っている。

まるで「自分の都合の良い書評だけを残す」かのように。。。

確かに星1つの中には、中傷めいたこともあるが
そうならば、読んだ人が、
このレビューは参考にならなかったとクリックすれば良いだけの話なのに

売れるための工作のように見えて仕方がない。

同じようにAmazonのレビューを消された人たち 
 Amazonレビューを消される、という経験から考えた事。(TECHあすなろ)
 Amazonのレビュー消される。(燃える皮膚科医のスキンケア・カフェ2)

も似たような意見である。

星4つ以上しかないレビューは怪しい

ということを学んだ。

賛同される方は、下のタグを押してください。

[amazon タグ] カスタマーレビュー削除しまくりってひどくないですか

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »