« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月 8日 (土)

スポーツジムのmixiオフ会に参加しました。

スポーツジムに入って早1年半。
奥さんからは「ぽにょ」と呼ばれるようになって早半年。

スポーツジムに通う励みにとmixiのオフ会に参加しました。

Dsc08801


初めて会う方ばかりでとても緊張しましたが、

気さくな方ばかり(やっぱりスポーツマンは爽やか!)で

とても楽しいひとときでした。

これからもっと楽しくスポーツジムに通えそうですwink

備忘録:やはりハウスマヌカンを知っているのは32~33歳が境界。
 「ハウスマヌカン」を知っているか否かで年齢がわかるのは面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

JAL予約案内をGoogle Calendarに追加出来るようになった。

何気なくJALからもDMを見ていると、

Banner_w01_dom_ari

「おっ」

これは面白いと思い、早速、自分のGoogle Calendarに追加

Pic_calender_tools_01

簡単に追加できた。

JALも結構やる気を出しているな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FONを購入

結構自分の行動範囲の中にFONが増えてきたことから購入してみた。

設定は簡単。ヨドバシカメラで購入。

海外で使ってFONコミュニティでの旅日記(トラベルログ)にもなる。

まずは近くのFONスポットを検索

 

FON La Fonera (ラ・フォネラ) FON機能搭載 無線LANルータ 世界中のFONスポットで無料インターネットが利用可能!
FON La Fonera (ラ・フォネラ) FON機能搭載 無線LANルータ 世界中のFONスポットで無料インターネットが利用可能!
おすすめ平均
stars自宅ではまず快適。プロバイダがわかっていればもっと
stars安いがちゃんと動作する。たまにしか無線LANを使わない人向け。
starsLa Foneraは熱い
stars簡単に接続できました
starsトラベルルータとしても使える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

びっくり:Google マップ ストリートビュー

昨日はじめて、Googleマップのストリートビューを見ましたeye

見てビックリ!

自分の家の前まで詳細に見ることが出来る。

・・・歩行者の顔や、道路を走っている車種まで分かる。

「何時撮ったの?!」

という感じで、プライバシーの問題もありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

再出発の統計学

学会発表などで臨床データをプレゼンする時には
ただデータを羅列しただけでは、

「頑張ったんだね、それで何?」

と思われてしまう。

データが有意なのか、そうではないのかを統計的に示すのは常識である。

しかし、いざ自分でやろうとすると、

何を使えばいいのやら・・・とくに最近の統計ソフト(SPSSなど)は

いろいろ出来るだけに逆に理解不能となっている。

私自身、独学で色々統計学の本を読んだが

最も易しい本はこれ!

まずは基礎だけ 臨床統計
まずは基礎だけ 臨床統計 矢船 明史

おすすめ平均
stars数学に不安がなくても一読の価値あり!
stars統計解析の入門の入門
stars臨床統計の基本概念把握に最適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

最期まで自宅療養が困難な理由

厚生労働省の「終末期医療に関する調査」で、自宅で最期まで療養することが実現困難な理由として、医師は何を挙げているのか。

一般国民の理由は

1位 介護してくれる家族に負担
2位 症状が急変したときの対応に不安
3位 経済的に負担が大きい

医師の理由は

1位 介護してくれる家族に負担
2位 症状が急変したときの対応に不安
3位 介護の家族がいない
4位 訪問看護体制が未整備
5位 往診する医師がいない

上位2位までは同じだが、3位以降は異なった。

続きを読む "最期まで自宅療養が困難な理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

ピカソ 「わたしの絵は日記」

昨日何気なくつけたテレビで、ピカソを紹介していた。

「自伝を書くように私は絵を描く。私の絵は日記のページなのだ。」

この言葉が私の心を捉えた。

Cimg3283

(バルセロナで撮った写真 ピカソ晩年の作品 まるで子供の絵)

ピカソは生涯で6万から8万といわれる作品を残している。

90歳で亡くなるまで、毎日2-3の作品を作っている計算になる。

美術に限らず、作品を残すことは大事だ。

作品を残さないと生きていたという痕跡すら残らない。

自分にとって今、論文を書くことが最も大事なことだと感じているが、

臨床に追われなかなか手が着かない。

これじゃだめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »