« 第6回日本Awake Surgery研究会 - 覚醒下手術研究会 | トップページ | 脳腫瘍摘出のジレンマと神経モニタリング »

2008年9月 1日 (月)

札幌競馬場 救護係

8月31日(日) 札幌競馬場 晴れ

Sdsc08038

札幌競馬場 救護室の手伝いに行った。
前日には落馬もあり、忙しかったようだが
天気にも恵まれ、ジョッキーの負傷はなかった。

子供からは、「何で競馬場に行くの?」と言われ、

妻からは、「馬のお医者さんになったのよ」と小言を言われ、coldsweats02

つらい状況での参加。

年1回のこの仕事は、思ったより気持ちの良い競馬場で

命がけで働いている小柄なジョッキーを間近で見ることが出来、

結構、色々なことが勉強できる仕事であった。

Sdsc08049

この裏に、救護室がある。主に落馬したジョッキーの救護が担当。

Sdsc08053

子連れも多かった。昼には仮面ライダー キバのショーをやっていた。

Sdsc08054

キーランドカップJpn III 万馬券であった。horse


 

|

« 第6回日本Awake Surgery研究会 - 覚醒下手術研究会 | トップページ | 脳腫瘍摘出のジレンマと神経モニタリング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100955/42343649

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌競馬場 救護係:

« 第6回日本Awake Surgery研究会 - 覚醒下手術研究会 | トップページ | 脳腫瘍摘出のジレンマと神経モニタリング »