« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月26日 (土)

VISTA が悪いというよりは・・

さらに3日間、VISTAと格闘していました。
ノートパソコンは無事、修理が終わって帰ってきましたが
デスクトップ (平成18年11月購入 ツクモ B30J-6460E)
にしばらくはVISTAをのせて快調だったのですが、
1月初旬より調子が悪くなり、結局はハードディスクが壊れてました。
(Western Digital 320GB SATA)
・・・もっと早く気づけばよかったのですが、acronis true image v.11でバックアップ
を取ろうとして読み出せないセクタがあり、
「VISTAだからしょうがないか。」
と思ったのが間違いでした。
再起動を繰り返している間に全く立ち上がらなくなり
0xc00000e9 云々・・
というエラーが出てきて、BIOSかな・・とも思いましたが
修理に1ヶ月かかるとツクモで言われ
「ハードディスク以外で壊れているなら諦めます」
とばかりに新しいハードディスクを購入。
入れ替えてみたら・・・
あっさり治った。
この際RAID1にしてミラーリングでもしようかなとも思ったが、
これ以上、時間を掛けるのが無駄な気がしてきた。

形あるものは皆壊れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

デスクトップ VISTAも調子が悪い。

前記事のLet's note R6が調子悪い頃から、実はデスクトップ(こちらもVISTA)

も調子が悪い。こちらもハードディスクが認識せず(ツクモから購入PC)

これも、KB943899が原因か・・・と思っていたら、Power-Up In Standby機能(電源投入時にスタンバイ モードに移行する機能)がサポートされているハードディスクを使用しているときに起きるらしい。

Microsoftから以下のように報告されていた。

Windows Vista でスタンバイ、休止状態から復帰後にコンピュータの電源を切ると、特定の機能をサポートしているハード ディスクが認識されなくなる

Microsoft HP

頼むぜMICROSOFT・・・1週間仕事にならなかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

WINDOWS VISTA update KB943899でLet's R6のHDDが逝った。

1月11日朝、Panasonic Let's R6のハードディスクが逝っていた。
BIOSが立ち上がってもハードディスクを認識してくれず。

前夜、論文を打ち込んでいたが、とくに落下させたりしたわけでもなく(悲

購入後10ヶ月目で、まだ保証期間内だったので、すぐに修理センターに電話した。
翌12日、「スーパーペリカン便パソコンポ」という便で引き取られていった。
週末であったが、4日程度で修理が終わる・・・という話

が、なかなか帰ってこない。

思いあまって17日にサポートに電話すると・・・
-----------------------------------------------------------------

障害原因は、Windowsアップデートに伴う不具合が原因であることが判りました。

障害解消には、対策ツールが必要ですが、そのリリースが本日(1/18)夕刻になります。
リリース後の検証に更に時間を要する為、製品の発送は、早くて1/21(月)の発送と
なり、お手元への到着は、1/22、23日となります。

「Windows Vista 用の更新プログラム(KB943899)」

が原因ですとのことであった。

対応は早く
BIOSのupdateがPANASONICのホームページに紹介になった。

http://askpc.panasonic.co.jp/info/info_r6.html

まだHDDが逝ってないかたは、BIOSをupdateすることで回避できるようである。

もし逝ってしまったあとであれば

仙石さんのHP

を参考に復旧できる

それにしても
デスクトップコンピューターもリセットをしたあと立ち上がらない・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

nero 7 Vistaへ

以前から気に入って使っていた、nero 7だがホームページをみるとVista対応とある。しかし、以前からもっている古バージョンではうまくインストールできず、よくよく読むとVista未対応のバージョンのNero 7(7.5.7.0以前)はVistaにインストールするなと書いてあった。

早く、行ってよ(。ヘ°)ハニャ

結局
Nero 7 クリーンツールをダウンロード
をセーフモードで使ってアンインストールして

Nero 7 アップデート

から、ファイルをダウンロード。

アップデート差分ファイルかと思っていたが、中身はまるまる実行プログラムであった。

というわけで、1時間格闘した。

時間もったいない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

SONY DV機器 IEEE1394端子を利用して接続(Vista)

病院の手術記録機器がDVからDVDに変更になったのが昨年のこと。まだまだ我が家はDVのビデオテープで家族の思い出を記録している。ということもあり、まだまだDV機器をパソコンに繋いでいなければならない。
しかし、VISTAでうまくいくかな?

繋いでみたところ、XPと同様のエラー(気にしなくてもいいという話もあるが)が出現。

AV/C tuner ?

ということで、XPと同様にいくかな?と思い、設定しようとしたがドライバーが見つからない。WindowsXPでAV/C Tuner デバイスを認識させる

しかし、さすがVista 探せばちゃんとあった。(自動で表示してくれよ!)

デバイスマネージャ > ドライバの更新 >  コンピュータを参照して・・・

>コンピュータ上のデバイスドライバ・・・ >   SONY > といくと

ありました。

SONY DV テープレコーダ/プレイヤー

あっさりこれでOKでした。

02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

ついにVistaにした。

かれこれ約1年ほど、ノートパソコンではVistaを利用していたが、
デスクトップパソコンは拡張ボードなどあり、
Vistaに乗り換えていなかった。

Vistaが発売されてまもなく、
丸2日かかって、インストールを試みたが
まだドライバーがないということで
現在のシステムを引き継ぐことができず、
結局諦めたという経緯がある。

しかし、今回ばかりは意を決して、

Vistaをインストールすることとした。

なぜなら

explorer.exeのメモリ食いにはほとほと呆れた。

からである。

いろいろ試したが立ち上げておくといつの間にやら、

explorer.exeでCPUの占有率があがってしまう。

と言う訳で、まずは拡張ボードを諦め、
拡張ボードを全部外して、USB機器もキーボードとマウス以外は全部外した。

もともと持っていたVistaがupgrage版だったので
Windows Vistaのアップグレード版をクリーンインストールする方法
を参考にしてクリーンインストールを行った。

ここで一つ、注意。

「クリーンインストールできない」と思われる方もいると思うので追加しておく。

もう一度DVDからインストールするときは、

体験版Vista上でDVDのsetupを実行しないといけないということ。

つまり、パソコンが立ち上がる途中でDVDから立ち上げても、
プロダクトキーをいれるとアップデート版のプロダクトキーなので
インストールできませんと出てくる。

1.プロダクトキーを入れないでインストール
2.体験版Vistaが立ち上がったら、そこからDVDを開いて、再セットアップ。
3.今度はプロダクトキーを入れてインストール

これで再インストールできあがり。

さあ、これからソフトを色々といれていきますかぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

2008nengas

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬお世話になり、

誠にありがとうございました。

私も皆様のお陰をもちまして、

無事に新春を迎えることができました。

転勤生活にも終止符を打ち、

腰を据えてやっと働ける立場になりました。

これを機に一層気を引き締めて、

精進致したいと思います。

今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年2月 »