« 後輩との別れ | トップページ | 神様が創った物に不要なものはない。 »

2007年8月28日 (火)

カンヌ映画祭受賞 チャン・イーモウの言葉より

2005年9月6日の日記より

とある方のブログで刺激されて、昔の日記より転載。

カンヌ映画祭受賞のチャン・イーモウの言葉です。

『大きな目標や夢を持つのも大事だが、

僕はただ、目の前の道が二つに分かれたときに

どちらを選ぶかを一生懸命やってきただけ

『人生とはそんなもんじゃないかと思う』

『そうやってひとつずつ積み重ねるのが人生だ』

目の前に二股の道があり、

行かざるをえなくて一方の道に進んでも、

確かに選択しているのは自分である。

その瞬間瞬間で一生懸命選んでいくのが人生であると

私も思います。

|

« 後輩との別れ | トップページ | 神様が創った物に不要なものはない。 »

格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100955/16268123

この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ映画祭受賞 チャン・イーモウの言葉より:

« 後輩との別れ | トップページ | 神様が創った物に不要なものはない。 »