« Duty first, Self second! | トップページ | パパのアサガオ日記 »

2007年8月12日 (日)

もう絞っていく時期だよね

8月13日、実習最後の日。
 毎朝9:30の講義に間に合うように7時に横浜の細君の家から通うのも今日で最後。5日間とはいえ、予想以上に実のある夏期実習であった。

再生工学では心筋シートを作ったり、遺伝情報学ではヒトゲノム計画が完成し、それをいつでも利用できることを学んだり、ロボットサージェリーについて現状を見たりと、自分が医学部卒後10年の間にこれほどまでに医学が進んでいるのを目の当りにした。

自分のやっている脳外科の分野も進んだと思っていたが、他の分野では医師のみならず様々な領域の人たちが絡んで医療の水準を上げている状況を改めて再確認した。

 「このままでは脳外科が他の分野から遥かに遅れてしまう。」

自分の力だけではどうにもならないことだが、脳外科という分野に色々な人材を絡めていかないと脳外科は衰退の「悪い回転」に入ってしまうような気がする。

そんなことを考えながら実習を受け、免疫染色の待ち時間に同じ外科の分野(彼は消化器外科)で同じ学年、家族もいて、同じく今年大学院に入った先生と雑談をしていた。

「やりたいことを広げるより、もう絞っていく時期だよね」

彼も自分と同じことを考えていた。

すでに35歳という年齢は、

「これから新しいことを出来る年齢ではない」

ような気がしていた。

運命は35歳で決まる

という本を30歳のときに読んだが、その年になってみると、
なるほど、これから今まで歩んできた道を外れても成功する可能性は低い。

目の前に「楽しそうなことはゴロゴロしている」のだが、どれを齧っても付け焼刃にしかならないのはもう子供ではないので分かっている。

ある意味「夢を持って」大学院に入学したのだが、自分の世界の狭さとそこでしか生きれない自分の姿を再確認させられた。

嫌だ嫌だと言いながら、

折の中を出たものの、

外の世界では生きれない籠の鳥

そんな自分を再確認した。

|

« Duty first, Self second! | トップページ | パパのアサガオ日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100955/16091159

この記事へのトラックバック一覧です: もう絞っていく時期だよね:

« Duty first, Self second! | トップページ | パパのアサガオ日記 »