« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月16日 (月)

日常英会話(ビデオipod対応)

最近はPodcastで英会話のお勉強。01
毎日新しい情報が入り多聴するには丁度いい。
そこで、面白いコンテンツがありましたので紹介します。

日常英会話(ビデオipod対応)

ipodを持っていなくてもパソコンにiTunesをダウンロードすれば見ることが出来ます。

今日も街角から「生」の英語を聞きます。で始まり、

ホームレスなど「その辺に歩いている人」に直接アタック。
社会保障、政治、経済などに対する不満を聴いたしります。
スラングな英語を直に聞けるのもいいし、日本語吹き替えが何だか可笑しい。

Station81.comというところで作っているんだけど、他にも変わったコンテンツがあります。

お暇な時にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

「新しい創傷治療」 夏井睦

title

以前からイソジンは創傷治癒を遅らせる事は知っていたが、理由が良く分からなかった。

イソジン消毒、早期創傷治癒・・・はやく治って!と祈りながらよく消毒をしたものだ。

そうはいっても敵も手強い。

治らないな・・と思った傷はほぼ全滅。必ず傷は化膿し創は大きくなった。

実は私、どうしようもなくなった感染創の治療にはイソジンは使用しなかった。なぜって?・・実際、良くならないから。

1月13日、夏井睦先生のセミナーを聞いた。

続きを読む "「新しい創傷治療」 夏井睦"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

多方便パソコン台

最近では病院もIT化され、入院指示から薬の処方、患者さんへ渡す書類などパソコンに向かっている時間は日に日に多くなっている。ましてビデオ編集やメールなど、パソコンが無くては仕事にならないという状態。一日何時間パソコンの前にいるのだろう・・・。
そこで私の場合、問題になるのが腰痛。
もともと腰痛もちの私にとって長時間座っているのは辛い。しかし、寝ながらパソコンというのも横向きに寝て(業界用語で側臥位)、パソコンを打っていると手が痺れてくる(尺骨神経麻痺)のでこれも辛い。
なんとか楽な姿勢でパソコンが出来ないか・・・。
早速、ググッてみた。(googleで検索)taho08

調べてみると結構自作している人もいて、
なかなかアイデアにあふれる作品もあり感心しながら
見てみると、購入できるものは

多方便パソコン台
ゴロ寝deスクDX

の2つがあることが分かった。

(ちなみに写真のごろ寝しているのは、私じゃないよ)

続きを読む "多方便パソコン台"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

魔が差す 

「魔が差す」は英語ではgive in to temptation「誘惑に負ける」と言い換えることができるようで、let temptation get the better of meは「誘惑に屈する」の意味だそうです(アルク)。

なるほど、魔が差すというのは確かに誘惑(概して悪い誘惑)に屈していることに違いありません。 1520the20devil

今この瞬間もネットサーフィンをしてお金より大切な「時間」が奪われている!?。

振り込め詐欺など、様々な詐欺事件は後を絶たたないのは、今までほほんと生活していた日本人の平和ボケもあるかもしれませんが、場所を問わず全ての人はメディアに犯され、そしてその奴隷になっているのでしょう。

続きを読む "魔が差す "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

人生の3つの坂

縦並び社会・格差の現場から:ヒルズ族になれなかった男【毎日新聞】

サイバーエージェントの藤田晋(32)、ライブドアの堀江貴文(33)と並び若手IT起業家の「三羽ガラス」と呼ばれた一人で、4年前まで東京でITベンチャー企業「クレイフィッシュ」の社長をしていた松島庸(32)の話である。20051230k0000m040016000p_size6

正直彼らは何か特別な能力がある訳でもなく、勇気と買収でここまでのし上った「勝負師」である。当然、株価一つで、紙一重の攻防を行なっている彼らは一歩間違えば、松島さんと同じ運命を辿る事になる。。。

記事の中で、面白かったのが

 「人生には三つの坂があります。上り坂と下り坂。社長、あと一つが分かりますか」。男性内定者がマイクを向ける。ヒット曲が頭に浮かび、「さくら坂かな」と答えた。「惜しい。答えは『まさか』です」

そうそう、その「まさか」が怖いんですよ。

大体、「まさか」の時に備えがある人は、「まさか」が起きず
「まさか」に備えてない人は「まさか」が起きるものです。
(これもマーフィーの法則かな)

明日は我が身かもしれませんよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

2005年忘年会回顧録 ~合同忘年会~

P1020824 2005年忘年会回顧録です。もう年も変わり、熱も冷めた頃ですがこのブログに書き留めておこうと思います。他の地域では、ちょっと考えづらい事のですが、北海道の脳神経外科は、非常に開放的で交流が盛んです。昔は違ったのかもしれませんが、現在は北海道の脳神経外科が一致団結し、他の都道府県に負けない治療をしようと息巻いています。
そして、2年前から始まったこの合同忘年会。北海道の脳外科の重鎮から、研修医まで、一同に会し温泉に一泊、親睦を深めるのです。お酒もかなり入っているので、時には熱くなり、討論(けんか?)になることもありますが、大体の原因は、もっと良い治療をするための様々な医療環境の矛盾から来るものが殆どでした。
さて、私はというと余興担当。2年前は、元気のいいところを見せようと「肉体派」の芸を披露したのですが、最初の2-3分しか盛り上がらず、最後は辛い状況でした。。
「失敗は二度としない」と反省し、夏頃から「何をやろうか?」案を練りに練りました。言わずと知れたことかもしれませんが、

芸の基本は「客層」を掴むこと。

全く知らない不特定多数なのか?
よく知っている内輪なのか?

そして、「場の雰囲気」を掴むこと

続きを読む "2005年忘年会回顧録 ~合同忘年会~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

小吉でスタート

明けましておめでとうございます。

新年早々、家族全員で行った神社で、大おみくじ大会。

大吉 娘

吉 父・母

小吉 私

欲張らないこと・・・無欲な娘達が大吉でした。

娘達には、キキララの交通安全お守りを、

私は、病気平癒のお守りを患者さんのために買いました。

今年こそ、良い一年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »